1. HOME
  2. ブログ
  3. 塾長ブログ
  4. 英語が苦手な人にぜひ読んで欲しい内容2。

英語が苦手な人にぜひ読んで欲しい内容2。

こんにちは。

すみません、更新が少し遅れてしまいました。

国語の勉強をする時「主語・述語」が大切というのは皆さんご存知の通りですが、英語の勉強の際に「主語・動詞」にしっかり注目出来ていますか?

特に1年生の英語では「主語・述語」「主語・動詞」への注目が甘くても、文章自体が短いので正解出来てしまう事が多いです。「こんなんわざわざ考えんでも出来る!」「出来てるねんから必要ないやん!」と考えてしまう生徒は要注意です。1年生の文章が簡単なうちこそしっかり考える癖をつけるチャンスです。

しっかり考える生徒と考えない生徒の差が出てくるのは2年生、3年生になった時です。当たり前の話ですが学年が上がるにつれて文章が長くなっていきます。この文章が長くなった時にこそ「主語・述語」「主語・動詞」が生きてくるのです。

I have a pen.のように主語は基本的には文章の先頭にきます。ですので英作を行う時は主語から考えます。それでは実際に大阪府の公立高校で出された英作の問題を見てみましょう。まずは主語・述語を考えてみて下さい。

「あなたが買う食べ物がどこで作られているかを知っていますか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは「あなたは」です。この「あなたは」は省略されていますので少しずるかったかもしれませんね。すみません。

「(あなたは)あなたが買う食べ物がどこで作られているかを知っていますか。」と考えると英作がしやすくなります。

これを安易に「あなたが」とか、少し考えて「あなたが買う食べ物が」と考えてしまうと文章が作れません。こうなってしまわないように1年生の間から「主語・述語」「主語・動詞」にしっかり注目するように指導しております。

それではまた次回。

 

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

め塾で勉強したらこんなに成績が上がりました!

め塾YouTube Channel

LINEはこちら

無料体験授業受付中!

最近の記事