め塾の英検対策

高校入試・大学入試の
かわりにもなる英検! 2020年度の大学入試から英語の試験を外部試験(英検など)で代用する大学が増えます。

2020年の教育改革は今までとは違い、戦後最大の教育改革と言われています。 文部科学省は英語の習得を4技能の習得で図ると明言しています。4技能とは「読む」「 書く」「聞く」「話す」の事です。

「読む」と「書く」は従来のペーパーテストでテストしている能力のことです。最近は入試でも「聞く」のテストはどんどん入ってきています。大阪府の公立高校の入学試験でも「読む」と「書く」と「聞く」の割合が3分の1づつくらいになっています。(昔は「聞く」の割合は少なかったです。)

大学入試では「聞く」のテストもまだないところも多いですが、これに「話す」の技能まで生徒たちに問わなくてはいけなくなります。いとどの大量の人数が受けに来る受験で「話す」のテストを公平に課すことはなかなか難しいように思います。

そこで大学側も外部の試験の活用を考えています。実際現在でも「英検準1級の取得者は英語の入学試験免除」や「英検2級取得者でなくては大学の受験ができない」などの大学も出てきています。外部試験は英検だけではないのですが、英検は馴染みがあります。

そこで小学生や中学生のうちから英検取得を目指しましょう!というクラスです。

中学生のうちに2級を取得している生徒も多数おります。(大阪府では英検2級を取得すると公立高校の入学試験で80%の得点を保証してくれます。あの難しいC問題でもです!)
できるだけ早いうちに英検取得しておくといい高校・いい大学が近づいてきます