「点数を上げる」
ではなく
「能力を鍛え、点数が上がる」

準備中

勉強に対する姿勢を正す。

準備中

詰め込み式ではなく
「考える力」を伸ばす。

準備中

充実の定期テスト対策。

準備中

実際に起こったドラマのような逆転劇

はじめに

中学での私の成績は4が3つで後は全部3でした。学校のテストの点数も大体60点台~70点台くらいで80点台が取れるとよくがんばったなって感じでした。

中3の10月の末期ごろ、学校の先生と親と私の三者懇談で受ける高校の話になりました。公立高校は桜塚高校と刀根山高校は絶対に無理。千里青雲高校も相当厳しい。豊島高校も合格できるかどうか分からないので私立高校専願を勧められました。せめて刀根山高校には入りたい、そう思ってがんばっていました

そうこうしているうちに2学期の期末テスト。

その期末テストで数学38点、社会32点・・・いつもはもっとマシな点数を取っていたのに・・・さすがにここにきて刀根山高校が遠くに行ってしまいそうな感じでした。学校の先生には「刀根山高校の合格は絶対に無理」と言われました。

まだ諦めるに早すぎる。

その時に塾の先生からこんなことを言われました。「自分ができることを精一杯やって、その結果合格できなかったらそれはそれで納得できるんじゃない?自分ができる限りのことをやりもせずに他人に刀根山高校は無理です、と言われてすごすごと諦めるの?お前の刀根山高校に行きたいってその程度なん?」

自分の最大限の努力もせずに諦めてしまうのはイヤ!と思ってがむしゃらに頑張りました。12月の寒い季節でしたが自分の心の中はとても燃えていました。

冬休みも朝から冬期講習で頑張りました。夜遅くなっても質問しまくって勉強しまくりました。

更新中

お問い合わせはLINEまたはお電話にてお願い致します。

友だち追加